名古屋市医師会看護専門学校

資料請求
アクセス
ホーム

多くの方が医療機関に勤務しながら看護師、准看護師を目指しています

学校案内

学校の沿革

名古屋市医師会看護専門学校は、大正3年(1914年)に設立された弥生看護産婆婦学校にその端を発する。

昭和43年(1968年)4月1日、名古屋市医師会第二准看護婦学校、第三准看護婦学校を廃止し、第一准看護婦学校に統合して名古屋市医師会准看護婦学校が発足した。

その後、専修学校の認可を経て、平成6年4月1日(1994年)、名古屋市医師会看護専門学校として、新たなスタートを切ることとなった。

1914(大正 3). 4 名古屋市医師会会員有志により、弥生看護婦産婆学校を設立
1919(大正 8). 3 指令第1328号(各種学校)により認可
1927(昭和 2). 9 名古屋市医師会が継承し、校名を名古屋市医師会付属看護婦産婆学校と改称
1940(昭和15) 医師会の機構改革により、愛知県医師会名古屋市支部付属看護婦産婆学校と改称
1952(昭和27). 3 保健婦助産婦看護婦学校養成所指定規則の施行に伴い廃校
1952(昭和27). 4 保健婦助産婦看護婦学校養成所指定規則の施行に基づき、新しく愛知県医師会名古屋准看護婦学校(一学年定員50名)を開校
1962(昭和37). 4 設置者が名古屋市医師会に変更となり、校名を名古屋市医師会第一准看護婦学校(一学年定員80名総定員160名)と改称
名古屋市医師会看護第二准看護婦学校(昭和区天神町・一学年定員80名総定員160名)を開校
1963(昭和38). 4 名古屋市医師会第三准看護婦学校(中区久屋町・一学年定員40名総定員80名・夜間部)を開校
1968(昭和43). 4
第二・第三准看護婦学校を廃止し、第一准看護婦学校に統合、学則の変更を行うとともに
校名を名古屋市医師会准看護婦学校と改称
一学年定員 一部(昼間午前)300名総定員600名
二部(昼間午後)300名総定員600名
1991(平成 3). 8 看護専門学校を新たに建設する建設計画の骨子が固まる
1993(平成 5).12 厚生大臣に看護婦養成所として指定される
1994(平成 6). 4
愛知県知事より専修学校として認可される
名古屋市医師会准看護婦学校を廃止し、名古屋市医師会看護専門学校として開校
第一看護学科 一学年定員100名 総定員400名
第二看護学科 一学年定員100名 総定員300名
准看護科 一学年定員400名 総定員800名
学校開学式挙行
1997(平成 9). 3 学則改正(第二看護学科の専門士の称号授与)
1998(平成10). 3 学則改正(第一看護学科の専門士の称号授与)
2002(平成14). 4 学則改正(定員) 准看護科 一学年定員 200名
2008(平成20). 4 学則改正(定員) 准看護科 一学年定員 160名
(本校校舎内に、愛知県医師会立名古屋助産師学院 開校
2012(平成24). 4 学則改正(定員)
第一看護学科 一学年定員80名  第二看護学科 一学年定員80名  准看護科 一学年定員80名
2016(平成28). 4 (本校校舎内に、港区在宅医療・介護連携支援センター 開設
2017(平成29). 4 学則改正(定員) 准看護科 一学年定員 40名

学校案内

ページのトップへ戻る